胃カメラ・プラセンタ・ニンニク注射のことなら当院へ!

 

ぜんそく・糖尿病・高血圧・アレルギーなども診療いたします

 

発熱外来について

2020年12月1日〜当院でも発熱外来を行っております。

 

平日は、午後6時30分〜7時(木曜日はありません)

土曜日は、午後3時30分〜5時まで(受付は4時30分まで)

 

この時間帯は、発熱患者さま専用外来となります。

 

新型コロナ感染拡大防止のため、一般の患者さまはご遠慮いただきますようお願いいたします

 

注)新型コロナの検査はできません。

土曜の午後も診療しています

 

 
午前
9時〜12時
一般 一般 一般 一般 一般 一般
午後
1時〜3時30分
× × × × × 一般
午後
3時30分〜5時
× × × × ×

発熱外来

(受付は4時30分まで)

午後
5時〜6時30分
一般 一般 一般 × 一般 ×
午後
6時30分〜7時
発熱外来 発熱外来 発熱外来 × 発熱外来 ×

 

(木)午後・日曜・祝日は休診    

 

土曜日は、あさ9時〜夕方5時まで

(お昼12時〜13時は休憩時間のため休診です)

 

 平日はお仕事やご用事などでお忙しい方にも、ゆっくり来ていただけるように土曜の午後も診療しています。

GWはカレンダー通り

GWはカレンダー通り、祝祭日・日曜日以外は診療いたします。

 

4月

26

通常通り

27

通常通り

28

通常通り

29

祝日

(休診)

30

通常通り

5月1日

通常通り

2

休み

3

祝日

(休診)

4

祝日

(休診)

5

祝日

(休診)

 6

通常通り

(PM休診)

7

通常通り

8

通常通り

9

休み

10

通常通り

11

通常通り

12

通常通り

13

通常通り

(PM休診)

14

通常通り

15

通常通り

発熱外来について

2020年12月1日〜当院でも発熱外来を行っております。

 

平日は、午後6時30分〜7時(木曜日はありません)

土曜日は、午後3時30分〜5時まで(受付は4時30分まで)

 

この時間帯は、発熱患者さま専用外来となります。

 

新型コロナ感染拡大防止のため、一般の患者さまはご遠慮いただきますようお願いいたします

 

注)新型コロナの検査はできません。

発熱外来 受診の流れ

受付

(保険証をお出し下さい)

問診票 記入

体温測定

 

処置室へ

(スタッフがご案内します)

 

インフルエンザ検査 (全員)

(マスクは外さず、鼻だけ出して下さい)

 

 

診察

(発熱だけで咳などなければ聴診などはありません)

(のどが痛くても、のどの視診はいたしません)

 

---------------------------------------------------------------------

↓                       ↓

インフルエンザ 陽性          インフルエンザ 陰性

↓                       ↓

インフルエンザ治療薬などを処方します         抗生剤などを処方します

↓                       ↓

-----------(会計を済ませてご帰宅ください)------------

 

翌日も発熱が続くようなら、

保健所または済生会泉尾病院などへ連絡して、新型コロナの検査を受けて下さい

(当院では、新型コロナの検査はできません)

 

点滴 受付時間について

 発熱外来の開始に伴い、各種点滴の受付は、

 

 午後6時(土曜日は午後3時)で終了

とさせていただきます。

 

 お早めに受付をお済ませいただきますよう、よろしくお願い致します。

お知らせ

新型コロナ

 新型コロナ感染症について

 

※当院では、新型コロナの検査・治療はできません。

 

また、新型コロナに感染している人と接触したなど、可能性のある方の診療はできません

 

新型コロナの検査をご希望の場合は、保健所に相談するか、総合病院の発熱外来などを受診してください。(大正区では、済生会泉尾病院など)

 

わかりやすく親しみやすい医療をご提供します

 

 当院では、内科はもちろんのこと胃カメラなどの検査にも力を入れており、患者さまの全身管理を目標としています。


 最新胃カメラエコー(超音波検査)、レントゲン(CRシステム)、心電図骨密度測定装置などを設置していますが、さらに最新の電子カルテ・システムを導入し、これら全ての検査データを集約し、全身的に治療を進めます。
 
 これらの検査結果は、すべて診察室のモニター画面で見ることが出来るようになっていますので、

 

患者さまと一緒に相談しながら最適な治療

 

                              を行うことが出来ます。
 
 また、胃カメラは鼻からできる富士フィルム社のレーザー経鼻内視鏡システムを導入していますが、ご希望の方には麻酔も行い、より楽に検査をお受け頂くことも可能です。
 
   「待ち時間が長い」

   「ろくに説明がない」

   「よく分からないクスリを処方されている」

 

などお困りの方は、ぜひ一度ご相談下さい。